お役立ち情報

中小企業は人手不足の割合が増加?原因と解決策のアプローチ

日本企業は深刻な人手不足に直面しており、特に中小企業はその影響を大きく受けています。当記事では、中小企業の人手不足の原因と現状から解決策へのアプローチ方法を7つご紹介します。

 

少子高齢化や労働人口の変化、転職や早期退職の影響など、人手不足の理由は多岐にわたります。深刻な人手不足を抱える業種も多く、サービス品質の低下や売上減少、倒産のリスクなど、企業に大きな影響を与えています。

 

人手不足は、中小企業にとって特に大きな問題です。離職率の上昇や業務効率の低下など、様々な課題を引き起こします。しかし、解決策はあります。。

 

そこで本記事では、中小企業が直面する人手不足の現状と、その対策方法について詳しく解説します。

 

日本企業の人材不足の原因

 

日本企業は現在、深刻な人材不足という課題に直面しています。この問題の背景にはいくつかの主要な原因が存在し、これにより様々な業界で労働力の確保が困難となっています。こちらでは、日本企業の人材不足の主な原因についていくつか紹介します。

 

少子高齢化による生産年齢人口の減少

 

少子高齢化による生産年齢人口の減少は、日本における深刻な課題の一つです。

日本は急速に少子高齢化が進行しており、生産年齢人口(15~64歳)の減少が顕著です。これにより、労働市場に供給される人材の数が大幅に減少し、人手不足が顕在化しています。

特に、製造業や建設業、サービス業などの労働集約型産業では深刻な影響が出ています。さらに、高齢者の割合が増える一方で、若年層の労働者が減少しているため、世代間の労働力バランスが崩れ、企業の生産性にも悪影響を及ぼしています。

この状況は、地域経済や社会全体の活力低下にもつながっており、政府や企業が早急に対応策を講じる必要があります。例えば、育児支援やワークライフバランスの向上を図る政策、外国人労働者の受け入れ拡大など、多様な対策が求められています。少子高齢化による生産年齢人口の減少は、今後の日本社会における大きな課題として位置付けられています。

景気回復に伴う人手不足

 

景気回復に伴う人手不足が深刻化している背景には、企業の活動が活発化し、新たな労働力の需要が急速に高まっていることがあります。

 

景気が回復する中で、多くの企業が生産拡大や新規プロジェクトの開始を計画しており、それに伴って労働力の需要が増加しています。

 

しかし、労働市場では供給が追いつかず、結果として多くの業界で人手不足が顕著になっています。特に製造業や建設業、サービス業などの労働集約型産業では、この傾向が顕著に現れています。さらに、少子高齢化の影響も重なり、若年層の労働者が不足し、高齢者の割合が増加しているため、労働力の供給が十分に確保できない状況です。

 

これにより、企業は人材確保のために高い給与や待遇改善を提示せざるを得ず、結果的にコストが増加し、経営に圧迫をもたらしています。また、一部リモートワークや自動化技術の導入を進め労働力不足の補填を試みている企業もありますが、これらの施策も導入には時間とコストがかかるため、即効性のある解決策とは言い難いです。

 

このように、景気回復に伴う人手不足は、多くの企業にとって大きな課題となっており、早急な対応が求められています。

 

外国人材の受け入れ体制が遅れている

 

日本における外国人労働者の受け入れ体制が遅れていることも、人材不足の大きな要因となっています。

 

外国人労働者が日本で働くためには、ビザや在留資格の取得が必要ですが、これらの手続きは複雑で時間がかかることが多いです。また、労働環境や生活環境の整備が不十分であるため、外国人労働者が働きやすい環境が整っていない現状があります。

 

特に、言語の壁や文化の違いが障害となり、外国人労働者が日本で快適に働くためのサポート体制が不足しています。さらに、日本国内での外国人労働者に対する認識や理解も十分とは言えず、職場でのコミュニケーションや生活面でのサポートが必要です。

 

こうした制度面や環境整備の遅れにより、外国人労働者の受け入れが進まず、結果として人材不足が深刻化しています。政府や企業は、外国人労働者が円滑に働ける環境を整備するための具体的な対策を講じることが求められています。

 

日本企業の人材不足の現状について

 

人手不足は、サービスの質の低下、売上減少、倒産のリスク、離職率の上昇など、さまざまな問題を引き起こしています。特に中小企業においては、人手不足が経営の大きな障害となり、生産性の向上や事業の継続性に深刻な影響を及ぼしています。

 

現状の具体的なデータや各業界における影響、採用コストの上昇、外国人材受け入れの現状、デジタル化への期待などについて解説していきます。

 

高水準の有効求人倍率=人手不足の深刻化

 

有効求人倍率が高水準で推移していることは、企業の人手不足が深刻化していることを意味しています。

 

有効求人倍率とは、求人数を求職者数で割った数値で、1を超えると求人が求職者を上回る状態となります。2023年3月の有効求人倍率は1.63倍と非常に高い水準にあり、特に中小企業での人材確保が困難な状況が続いています。

 

高水準の有効求人倍率が続くと、企業の成長が人手不足により制約を受けるだけでなく、従業員の長時間労働や入れ替わりが激しくなるなど、働き方への悪影響も危惧されます。

 

また、採用活動の際の企業間競争が一層激しくなり、中小企業が優秀な人材を確保しづらくなるリスクもあります。政府や企業は、外国人材の受け入れ拡大やデジタル化による生産性向上、労働環境の改善など、様々な施策を通じて人手不足の解消に取り組む必要があります。

 

特定業界での深刻な人手不足

 

特定の業界で人手不足は深刻化しており、主に製造業、建設業、運輸業、サービス業が挙げられます。これらの業界では、人手不足が業務の効率化を妨げ、生産性の向上に大きな障害となっています。

 

特に、製造業では高度な技術を持つ熟練工の不足が生産ラインの停滞を招き、建設業では現場作業員の不足がプロジェクトの遅延やコスト増加を引き起こしています。運輸業ではドライバー不足が物流の遅延をもたらし、サービス業ではスタッフ不足がサービスの質の低下や営業時間の短縮に繋がっています。

 

これらの問題は、業界全体の競争力を低下させるだけでなく、消費者への影響も大きく、早急な対策が求められています。労働力の確保と効率的な業務運営のためには、労働環境の改善や労働条件の見直し、さらには新しい技術の導入などが必要です。

 

従業員の高齢化と後継者難

 

中小企業では、従業員の高齢化が進行しており、特に熟練技術者や管理職の世代交代が課題となっています。若年層の労働者が不足しているため、後継者が見つからず、事業を継続できないケースが増えているのです。

 

これにより、廃業に追い込まれる企業が増加しており、地域経済や産業基盤に深刻な影響を与えています。特に地方の中小企業では、後継者難が顕著であり、地域の主要産業が衰退するリスクも高まっています。

 

この状況は、地元の雇用機会の減少や地域社会の活力低下を招き、さらには地域経済全体の成長を阻害する要因となっています。そのため、後継者育成や従業員の再教育外部からの人材確保など、持続可能な事業運営のための対策が必要とされているのです。

採用コストの上昇

人材の獲得競争が激化する中、企業は優秀な人材を確保するために採用コストを増加させざるを得ない状況にあります。

特に中小企業は、大手企業と競争するために高額な給与や待遇改善、福利厚生の充実を図る必要があり、その結果、採用にかかるコストが大幅に上昇しています。

これには、求人広告費、人材紹介手数料、面接や選考プロセスに伴う経費などが含まれます。これらのコストが経営を圧迫し、利益率の低下や資金繰りの悪化を引き起こすことが少なくありません。

このような状況を改善するためには、採用プロセスの効率化やリモートワークの導入、既存従業員のスキルアップを図るなどの対策が求められています。中小企業が持続的な成長を実現するためには、こうした取り組みを通じて経営基盤を強化することが不可欠です。

外国人材の受け入れ拡大の検討

 

日本企業の人材不足を解消するために、外国人労働者の受け入れ拡大が検討されています。

 

しかし、現実には制度や環境整備が十分ではなく、実際の受け入れには多くの課題が残っています。例えば、ビザ取得手続きの複雑さや、日常会話レベルの日本語能力の要求文化の違いによる適応問題などが挙げられます。

 

さらに、受け入れ先企業が外国人労働者に対して適切なサポート体制を整えていない場合、労働環境の問題も発生します。このような背景から、外国人労働者が安心して働ける環境を整備するためには、法制度の見直しや企業側の対応強化が求められています。具体的には、日本語教育の支援、生活環境の改善、相談窓口の設置などが重要です。こうした取り組みを通じて、外国人労働者が日本で長期的に活躍できるようになることが期待されます。

 

デジタル化による生産性向上への期待

 

デジタル化による生産性向上への期待は高まっています。特にリモートワークの導入や人工知能(AI)、ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)の活用が注目されています。

 

これらの技術は、業務の効率化とコスト削減に寄与し、企業の競争力を高める可能性があります。リモートワークは従業員の柔軟な働き方を実現し、ワークライフバランスの向上にもつながります。

 

一方で、これらのデジタル技術の導入には時間とコストがかかり、特に中小企業にとっては大きな負担となることがあります。システムの導入費用や従業員のトレーニング、既存業務との統合など、解決すべき課題も多いです。

 

そのため、すべての企業がすぐに対応できるわけではなく、段階的な導入と計画的な投資が求められます。それでもなお、デジタル化は今後の企業成長に不可欠な要素であり、長期的な視点での取り組みが重要です。

 

中小企業の人手不足に対する解決策

 

中小企業の人手不足を解消するためにはどのように行えばいいのでしょうか。

 

中小企業の人手不足に対する解決策は大きく「3つ」の考え方からなります。

(1)現在働いているスタッフを定着させる為の努力

(2)これからの人材採用強化

(3)DX化、アウトソーシング化

 

この大きな3つの観点に基づき、具体的にどのような改善策があるかを見ていきます。

これからご紹介する7つの解決方法は中小企業の実情に合わせて適性な戦略やサービスを導入することが重要です。

1.労働環境の改善

 

長時間労働や休暇取得の制限ハラスメント問題など、劣悪な労働環境は優秀な人材の確保と定着を阻む大きな要因となります。休日や残業時間の適正化、男女の給与格差是正、ハラスメント対策などを進め、働きやすい環境を整備することが不可欠です。

 

そのためには、まず従業員の健康と福祉を重視した福利厚生を提供するよう努めましょう。これには、健康診断や有給休暇の増加、メンタルヘルスケアの充実を促す取り組みなどが挙げられます。

 

例えば、社員がストレスを感じずに働けるように、リラクゼーションスペースの設置や、年に数回定期的な1on1など面談を行います。これにより、従業員の健康維持とモチベーション向上が期待できます。

労働環境の改善は、従業員のモチベーションとロイヤリティの向上にもつながります。中小企業が魅力的な職場作りに取り組めば、優秀な人材の確保と定着が期待できるでしょう。

 

2.業務の効率化を図る

 

中小企業は人手不足を克服するために業務の効率化を図ることが重要です。

 

業務効率化のためには人手不足の直接的な原因となる作業工程を洗い出し、その内容や手順を見直します。業務フローの見直しや、マニュアル化・標準化の推進によって、無駄な工程を削減し、作業の効率化を図ることも重要です。不要な会議を減らしたり、報告書の簡素化を行うなど、業務そのものをスリム化することも有効でしょう。

 

業務の負担を軽減し、従業員が本来の業務に集中できる環境を整えることができます。

 

3.多様な働き方の推進

 

多様な働き方の推進は、現代社会において重要な課題の一つです。労働力の多様性を高めることで、企業は幅広い人材を活用し、競争力を強化することができます。

 

例えば、テレワークやフレックスタイム制の導入により、育児や介護を担う社員も働きやすい環境が整います。また、副業や兼業の推奨により、個々の社員が自己成長やスキルアップの機会を得ることが可能です。

 

さらに、多様なバックグラウンドを持つ人材が協働することで、イノベーションが生まれやすくなり、企業の発展に寄与します。政府や企業は、このような柔軟な働き方を支援する制度やインフラの整備を進め、全ての労働者が自分のライフスタイルに合った働き方を選択できるようにすることが求められています。

 

​​4.採用戦略の見直し

 

採用活動においては、どんな人材がどの程度欲しいのかの採用戦略を明確にすることが重要です。例えば、質にはこだわらずとにかく人材を大量に確保したいのか、それとも高い技術力を持った人材を1人でも獲得したいのか、この戦略をまずは見直すことから始めてみましょう。なぜなら、どのような人材をどの程度採用するかによって、採用の戦略の立て方や採用方法は大きく異なるからです。

 

また、近年では、働き方改革やキャリア志向の高まりにより、求職者のニーズも多様化しています。そのため、従来の採用方法では、求める人材を獲得することが難しくなっているのが現状です。

 

そこで、中途採用の活用や、主婦層やシニア層外国人材など、多様な人材を対象とした採用活動が求められます。UIJターン人材の獲得にも力を入れる必要があります。

 

また、企業の魅力を効果的にアピールするための、SNSやWeb採用の活用も重要です。働きやすい環境や研修制度、キャリアパスなどを分かりやすく発信し、求職者の関心を引く工夫が必要不可欠です。

 

さらに、企業と求職者をマッチングするため、自治体や大手人材会社との連携を深めることも有効な手段といえます。

 

​​5.外国人労働者の活用

 

外国人労働者は、多様なスキルや経験を持ち、幅広い分野で活躍することができます。特に、中小企業においては、専門性の高い外国人技術者や熟練労働者の確保が、技術力の維持や生産性の向上に大きく貢献することが期待されています。

外国人採用を進める際には、以下の3点に注意することが重要です。

 

 

 

 

外国人採用は、単に人手不足を解消するだけでなく、企業の国際競争力強化や多様性の促進にもつながります。中小企業においても、外国人採用を積極的に推進することで、持続的な成長と発展を目指すことが期待されます。

 

6.デジタルトランスフォーメーション(DX)の推進

 

デジタルトランスフォーメーション(DX)は、中小企業の人手不足を解決する強力な手段となり得ます。DXとは、デジタル技術を活用してビジネスモデルや業務プロセスを変革し、新たな価値を創造する取り組みです。人手不足解消の観点では、業務の効率化や自動化を実現する施策が有効です。

 

例えば一つのDXの手段として、RPA(Robotic Process Automation)の導入が挙げられます。RPAは、反復的な作業を自動化し、従業員の負担を軽減します。これにより、本来の業務への集中が可能になります。

 

また、クラウドサービスの活用は、ITインフラの管理コストや運用負担を削減し、リモートワーク導入にも役立ちます。特に、AI(人工知能)の活用は、顧客対応やマーケティングなど、人間の業務をAIに任せることで、業務効率化を図ります。

 

DXは人手不足解消だけでなく、新たなビジネスチャンスの創出や競争力の強化にもつながります。人手不足に悩む中小企業は、DXを積極的に推進することで、様々な課題を解決し、持続的な成長を目指すべきです。

 

7.アウトソーシングの利用

 

アウトソーシングとは、企業の一部の業務を外部の専門業者に委託することです。中小企業では、本業に専念するために、周辺業務をアウトソースすることで人員を効果的に活用できます。

 

具体的には、経理・総務・人事・ITシステム管理などの間接部門や、コールセンター業務、物流業務などの一部を外部に委託することが考えられます。アウトソーサーには専門性が高く、コストパフォーマンスに優れる企業が多数存在します。

 

アウトソーシングのメリットは、人件費の削減や業務の効率化だけでなく、スピーディーな業務遂行や優秀な外部人材の活用といった点も挙げられます。専門の外部企業に任せることで、中小企業は本業に専念できるようになります。

 

人手不足に直面する中小企業にとって、アウトソーシングは有力な選択肢と言えるでしょう。ただし、情報管理の徹底など、リスク対策も重要となります。

 

まとめ: 中小企業の人手不足に立ち向かうための施策

 

中小企業が深刻な人手不足に直面する中、外国人材の受け入れは有力な解決策の1つとなっています。しかし、人手不足で外国人を受け入れたくても、ハードルが高くどのような手続きを行えばいいのかがわからない、といったお悩みを持つ企業様も多いようです。

 

そこで、外国人材雇用の課題をワンストップで解決する「登録支援機関」という支援機関を介在させることで、雇用する企業側と実働を行う特定技能外国人いずれにも全面的サポートを行うことが可能となり、双方にとって働きやすい環境づくりが可能となります。

 

これには言語の壁や文化的差異、ビザ取得の手続きなども含まれますが特定技能外国人が安心してスムーズに生活ができるよう住宅確保のサポートや生活に必要な契約支援等までも登録支援機関がサポートします。

 

このようなサービスを利用することで、企業は効率的に優秀な外国人材を採用し、彼らが新しい環境に順応するための支援も提供できます。また、法律遵守や社内教育プログラムの設計といった複雑なプロセスもサポートされるため、企業は外国人材と共に成長し続けることが可能となるのです。

 

「人手不足解消のためにも特定技能外国人を採用したいけど仕組みがよくわからない」「企業の人手不足を解消するのに自社と外国人採用がマッチしているのか知りたい」といった企業様でもご安心ください!

 

ABCでは、年間500人以上の支援実績と充実のサポート体制で御社の採用問題を解決します! 

 

ABCでは、

 

・受入れ前のご相談やシミュレーション

・受入れ時の申請作業

・各種教育

・受入れ後の定期的なサポート

 

など、特定技能外国人の採用に必要な業務をワンストップでご対応させていただきます!

 

またABCでは、継続している支援実績を基に、1拠点1名以上の管理者を配置しているため、就業中や生活環境のトラブルが起きた場合にも、即時に解決することが可能です。

 

特定技能外国人を採用をお考えのお客様は、ぜひ一度ABCにご相談ください!

 

詳しくは、アセアンブリッジコンサルティングのHPをご覧ください。

記事一覧に戻る
mask